社会福祉法人成光苑 高槻けやきの郷|介護老人福祉施設|ショートステイ|デイサービス|訪問介護|職員募集中!!

qrcode.png
http://www.seikouen.biz/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

社会福祉法人 成光苑
高槻けやきの郷

〒569-0044
大阪府高槻市番田1丁目60番1号
TEL.072-662-5888
FAX.072-662-5887

──────────────
介護老人福祉施設
(特養/施設入居サービス)

短期入所生活介護
(ショートステイサービス)

一般型通所介護

 (デイサービス)
認知症対応型通所介護

 (デイサービス)
訪問介護

(ヘルパー派遣サービス)
居宅介護支援事業
診療所
──────────────

371359
 

Expert(専門職)の紹介

 

高槻けやきの郷 現場のストーリー通信

高槻けやきの郷 現場のストーリー通信
 
 

Expert(専門職)

Expert(専門職)
 
父の病気を機に介護の仕事に興味を持ちました。
2005年度 入職
【30代の頃、父の病気をきっかけに一念発起】
私がこの仕事を志したきっかけは、父の病でした。父は、脳卒中を患い右半身不随に。入院生活の中で、お医者さんや看護師さん、看護助手さん・・・さまざまな人に助けてもらい、初めて「介護」を知りました。こんな人の役に立てる仕事があるんだと知り、介護の仕事をしてみたい思って、ヘルパーの資格を取得しました。そこから最初の3年間は非常勤として勤め、介護福祉士を取得し常勤になりました。ヘルパーの資格を取得してからずっと介護職一筋で今に至ります。
 
【在宅サービスと施設サービスの違いに戸惑いながらもどちらも魅力的】
私は、けやきの郷に入職してから10年以上施設ケアワーカーとして働いていました。施設で働く中で、入居者を看取るたびに、その方に対しての思いがあふれてきて「もっとお話しすればよかった」「もっと関われたんじゃないか」と考えることもありました。しかし、長い人生の最期をこのけやきの郷で迎えられ、お見送りをさせてくださった方々には、けやきの郷を選んで頂いた感謝の気持ちを抱きました。
そして、今年の5月から認知症対応型のデイサービスセンターに異動し、施設とは違った環境の中で、けやきの郷を利用されているご利用者と接する上で、楽しい反面戸惑いもあります。
在宅サービスではデイサービスだけでなく、様々なサービスやご家族の支えがあって、ご利用者の生活が成り立っています。その中で、デイサービススタッフとして、ご利用者とそのご家族の生活にどこまで関わるべきなのか、日々葛藤しています。まだまだ、わからないこともたくさんありますが、たくさんの人との協力でご利用者の在宅生活を支えられるよう頑張っていきたいと思っています。
 
【様々な経験をすることで広がる視野】
介護の仕事を始めてもう十数年がたちますが、デイサービスで仕事をするようになり、今まで知らなかったことに触れる機会がたくさんあります。今回の異動を経て「まだまだ知らないことはたくさんあるんだな」と改めて思いました。今までの経験を活かしつつ、知らなかったことを知って自分の力にしていきたいと思っています。介護の仕事は、とても幅広く奥深い仕事です。介護を志す方は、様々な経験を自分の力にしていってほしいなと思います。
”2017年 インタビュー”
 
介護職は“人の役に立つ仕事”
2003年度 入職
【オープニングスタッフとして】
私は中学生の時、障がい者体験の授業でアイマスクを着用して行動した際に、目が見えないことの不自由さを痛感し、将来は誰かの役に立つ仕事に就きたいと感じたことが介護福祉士を目指すきっかけになりました。ちょうど就職活動をする頃にユニットケアが導入され、私自身もユニットケアには興味を抱いていました。そんな時に高槻市にユニット型の施設が新設されると知り、「そこで働いてみたい」と思ったのがけやきの郷との出会いです。同じ志を持った同期と一緒にオープニングスタッフとしてけやきの郷に入職しました。
 
【また来たいと思える環境づくり】
私は、現在ショートステイフロアで勤務しています。ショートステイは、普段ご自宅で過ごされている方が、けやきの郷に泊まりに来られるサービスです。けやきの郷に来られている間、ご自宅と同じように落ち着いてくつろげる場所であるように、そして、普段ご自宅ではなかなかできないことを「けやきの郷に来たんだからやってみよう」「せっかく来たからめいっぱい楽しもう」と思っていただけるような環境づくりに努めています。ご利用者がご自宅に帰るときに「楽しかったわ」「また来るね」と言って下さると「次来た時にも”また来るわ”って言ってもらえるようにしよう」「次来たときはもっと楽しんでもらおう」と、けやきの郷に来ることがご利用者にとっての楽しみになるよう、工夫を積み重ねて、ご利用者の笑顔をますます引き出すことが、今私が仕事をする上での楽しみです。
 
【安心して働ける職場】
仕事をする上で沢山の不安や悩みがあると思います。私も学校を卒業して、社会人になるときは不安でいっぱいでした。そんな不安な日々から、気づけば10年以上の月日が流れました。私自身こんなに続けられるとは思っていませんでしたが、先輩や後輩や同僚にに恵まれ、入職当初も今もやりがいをもって仕事をしています。けやきの郷では一人一人に担当の指導者がつき、しっかりと教えてくれます。「一人で悩まず、一緒に悩んでくれる人がいる。」「不安や悩みがあればこの人に相談すればいいんだと思える人がいる」ことが安心して働ける理由だと思います。
”2016年 インタビュー”
 
『利用者さんがくれる一瞬の笑顔』
2004年度 入職
【集団ケアからユニットケアへ】
もともと私は集団ケアの施設で働いていたのですが、お風呂、食事などほとんどのことを一斉に行う集団ケアに「なんかちょっと違うのでは?」と疑問を感じる気持ちが日々増していました。そんな時に家の近くにユニット型の施設ができることを知り、働いてみたいと感じたことが「けやきの郷」で働くきっかけでした。
 
【利用者さんがくれる一瞬の笑顔】
利用者さんとのふれあいは毎日が印象に残ることばかり。利用者さんの「笑顔」「ありがとうの言葉」「本音で語ってくれる一言一言」そんな心からの〝想い“をいただけることが私の仕事へのモチベーションになっています。
私が掲げている毎日の目標は、「その日接した利用者さんを必ず1回は笑わせる」こと。この気持ちをずっと胸に抱いて毎日の仕事と向き合っています。認知症の方はどうしても記憶がなくなってしまいます。さっきまですごく笑って楽しそうにしてたのに、数分後には「そんなことあった?」ということは日常茶飯事。 でも、これは仕方のないこと。私はふれあいの中で起こる一瞬の笑顔をいつも大切にしています。
私は人と話すのが好きで、お世話するのも好き。基本的にこの仕事が大好きで、自分でも向いていると思っています。とにかくこの仕事が「好き」という気持ち、ただそれだけで開設以来ずっとここで働いています。職員間の仲が良く、イキイキとした職場であることが、利用者さんにとっても過ごしやすい環境になると思うので、スタッフ全員で力を合わせ、気持ちよく働ける職場を作っていくことを常に考えています。
 
【重要なのは経験から学ぶこと】
ひとつひとつのことにとらわれすぎずに、自分の中の器を大きく広げて、心のゆとりを持つことがこの仕事では必要となります。例えば、「利用者さんの身に何かあったらどうしよう」と不安になってしまうけど、私の経験上、どれだけケアしていても万が一ということは起きるものです。もちろんミスや事故が起きないように準備することは大切ですが、何より大事なことは、介護の仕事はチームケアなので一人で焦らず、抱え込まないでみんなで対処していこうという心構えです。何事も経験しないとわからないことも多いと思います。不安がらずに「そこから何を学ぶのかが重要である」と、私は常々感じています。
”2015年 インタビュー”
 

エントリーはこちら

エントリーはこちら
 
<<社会福祉法人成光苑 高槻けやきの郷>> 〒569-0044 大阪府高槻市番田1丁目60番1号 TEL:072-662-5888 FAX:072-662-5887